本文へスキップ




プレスリリース

報告レポート

2019年3月29日
2019年版ワールドワイド スマートフォン・携帯電話中期需要展望

2019年の端末需要はスマートフォンは増加、フィーチャーフォンは減少を予想
中国、米国、西欧は2018年の販売規模に届かず、新興国の買替需要に期待
スマートフォンはHuawei、Xiaomi、HMD、Transsionがリード役
上位のApple、Samsung、LG、ソニーの2019年は前年割れ見通し
中国、インドなどの地場系メーカはグローバル、中国系の浸透でさらに苦境へ
5Gは2019年、2020年はトライアル期を経て、2021年から5Gスマートフォン市場が本格離陸
2019年2月15日
ワールドワイド携帯電話四半期動向  2018年4Q報告

10-12月期の端末販売台数は前年同期を大きく下回り、2018年全体も前年割れ
スマートフォンも低調に推移、2年連続で前年を下回った
Samsung、Appleの4Q販売台数が低迷、Appleは前年同期で1,000万台減らした
中国のスマートフォン市場は飽和感から中堅国産メーカは軒並み経営が悪化
インド、インドネシアなど一部の国は堅調に推移、インドは急速に市場を拡大
インドスマートフォン市場はXiaomi、OPPO、Vivoなど中国勢が上位Gを形成
2019年1Qの出荷は低迷、2019年も前年割れの公算が高くなった
2019年では5Gの商用化トライアルが始まり、一部上半期に5Gモデルが登場

2018年11月19日
ワールドワイド携帯電話四半期動向  2018年3Q報告

7-9月期のスマートフォン需要は前期比増、前年同期比減
3Q結果を踏まえた2018年の年間スマートフォン需要は2年連続の前年割れ
3Qでシェアを伸ばしたのはXiaomi、Vivo、HMD Global
スマートフォン中堅のLG、ソニー、Lenovoは依然赤字を継続
4Qは季節需要から伸長するも、前期比1桁台の伸びに留まる
Appleの10-12月期は2016年、2017年の前期比65-70%増には届かない
米中貿易摩擦、新興国の対ドル安傾向は端末の需要/供給にネガティブな影響
2018年10月19日
5Gスマートフォン市場のグローバル中期需要展望

5G商用化は2019年に韓国、米国、オーストラリアでサービスイン
商用化当初は5Gサブ6GHzとLTEの併用、5G完全移行は数年先
5Gは4G世代で出遅れた中国が大規模投資を背景に世界をリード
現在5Gモデムを使いスマートフォンフォンメーカ、オペレータ、インフラ
メーカと共同で実証実験を実施中
Qualcomm、Mediatek、Intel、Samsung、Huaweiの5Gモデムスペック
Qualcommが5Gリファレンスデザインを提供、5G市場をリード
Samsung、Apple、Huawei、OPPO、Vivo、Xiaomi、LG、ソニー、
Lenovoの最新5Gスマートフォンの開発状況
2019-2025年の5G加入予測と5Gスマートフォンの需要推移予測
2018年8月20日
ワールドワイド携帯電話四半期動向  2018年2Q報告

4-6月期の端末需要は前期比微増、中国とインドのSmartphone需要が増加
中国は前期の低迷の反動、中国各社が新モデル投入が需要を喚起
Huaweiが中国国内、グローバルで急拡大、四半期過去最高の販売を記録
インドは中国メーカとSamsungが急回復、SamsungはXiaomiとトップを拮抗
Samsungは中国でシェアがさらに下落、天津事業所の停止を示唆
Appleはハイエンドが好調に推移、前年同期比で販売金額は20%増
Appleは9月に3機種投入する計画で、3Qは大幅増を予想
有力メーカが好調に推移する半面、中国、インドの国産系が苦境
フィーチャーフォンはインドJio Phoneが過半に迫るシェアを獲得
2018年5月17日
ワールドワイド携帯電話四半期動向  2018年1Q報告

1-3月期の端末需要は季節性から前期比12%の減少
SamsungはGalaxy S9の前倒し販売から1Q業績が好転
AppleもiPhone Xが牽引、市場予想を上回る好決算
中国の1Q販売台数は3年前の水準に減少、2018年は前年に続き前年割れ見通し
中国はHuawei、Xiaomiが堅調に推移、OPPO、Vivoが前期に続き低迷
インドはフィーチャーフォンが大幅増、Jio Phoneが3分の1を占有
4月にSmartphone新モデルを各社投入、2Qは前期を上回る出荷水準を予想
2018年3月27日
2018年版ワールドワイド スマートフォン・携帯電話中期需要展望
2018年2月15日
ワールドワイド携帯電話四半期動向  2017年4Q報告

需要期の10-12月期のスマートフォン販売動向は低調に推移
中国、インド市場が低迷、中国はミッドエンド指向から数量増が限定
インドは3Qの特需の反動と4Gフィーチャーフォンの販売拡大が影響
iPhoneの攻勢で競合メーカは軒並み業績悪化
OPPO、Vivoは予想外の前期割れ、小休止か転換点か
2017年11月15日
ワールドワイド携帯電話四半期動向  2017年3Q報告

7-9月期のグローバルスマートフォン需要は上向き、前年同期を上回った
地域別では需要急増したインドと市場低迷の中国で明暗を分けた
メーカではXiaomiがインドで急伸、3QでVivoとシェア逆転
4QはAppleが市場を牽引し、前期比2桁台の需要伸長を予想
2017年9月1日
急拡大するインドスマートフォン生産の最新実態と将来展望

2015年以降インドでのスマートフォン生産が急増
中国メーカ、ODMメーカ、Appleがインドでの現地生産を本格化
北部デリー近郊、南部チェンナイ近郊、西部ムンバイ近郊に生産拠点が集中
インド中央政府、州政府による税制支援と奨励策
スマートフォンの現地生産は2020年には5億台へ、欧州、中東、アフリカ、南アジア向け生産ハブの方向性
外資進出メーカと国産メーカの最新生産実態を網羅
生産工程はSKDからCKDにシフト、部品サプライチェーンのインド進出の動き
2017年8月16日
ワールドワイド携帯電話四半期動向  2017年2Q報告
2017年5月18日
ワールドワイド携帯電話四半期動向  2017年1Q報告
2017年3月20日
2017年版ワールドワイド スマートフォン・携帯電話中期需要展望
2017年2月15日
ワールドワイド携帯電話四半期動向  2016年4Q報告
2016年11月14日
ワールドワイド携帯電話四半期動向  2016年3Q報告
2016年9月1日
中国 Huawei OPPO Vivo Xiaomi の競争力比較全調査

2016年のOPPO、VivoのSmartphone販売台数は70%前後の伸長
Huaweiも上半期は好調に推移、2016年のSmartphone伸率は20%以上を予想
2016年のXiaomiを含む4社のグローバルシェアは25%前後まで拡大
4社の伸長によりグローバルメーカ、中国新興メーカは窮地に
OPPO、Vivoの成功要因は徹底した対面小売りとイメージ戦略
Huaweiはオフライン、オンラインを併用し、小売り流通網に重点投資
2014年に急成長したXiaomiの2017年に向けた再復活シナリオ
4社個別の組織体制、開発/生産状況を徹底解明
4社のシリーズ別販売台数と売り上げ推移
Huaweiを除く3社は南アジア中心に海外展開、インドでの攻防が激化
Huaweiは欧州、新興国でシェアを拡大、米国展開がネックに

                         このページの先頭へ
                         

バナースペース

バナースペース

パックリムリサーチ株式会社

〒231-0023
横浜市中区山下町1番地シルクビル926

TEL 045-201-9731
FAX 045-201-9781